トータルビューティー科 | 真野美容専門学校

画像:トータルビューティー科画像:トータルビューティー科  

トータルビューティー科で学ぶこと

画像:国家試験模擬 一年間という短い期間でもネイルを中心に美容の4大科目(ネイル、メイク、ヘア、フェイシャル)を学びます。 実習時間が主なカリキュラムなので、自信の持てる技術と卒業後の即戦力が身に付きます。 卒業までにネイリスト検定3級、2級やジェルネイル検定初級など資格の取得を目指します。 中学校卒業者であれば入学が可能です。 資格取得には義務教育修了者であれば受験が可能です。 ※資格取得には技術だけでなく、衛生基準と関連法規等といった専門的な知識も必要とされます。

1年と午前の授業

画像:国家試験模擬 授業は午前9時から12時50分までとなっております。 午前中に集中して勉強し、午後は仕事をしながら美容のスキルを磨くことが可能です。

年齢学歴は不問

画像:国家試験模擬 入学制限はほとんどなく、美容に興味があり、短期間でトータルに技術を身に付けたい方が入学できます。 中学卒業以上であれば入学が可能です。

在学中に目指せる資格

画像:国家試験模擬 ネイリスト技能検定3級を入学後に目指します。秋には2級、冬にはジェルネイル検定初級の取得を目指します。 合格者にはさらに上の級の為の対策や、技術指導を行い卒業後にはネイルのスペシャリストに育てます。

実践と現場研修

画像:三田祭 大学の学園祭でネイルルームを担当して実践トレーニングを行います。 画像:砧祭 実際にお客さまに施術することにより、プロとしての自覚や、接客について現場で学びます。 画像:ネイル 画像:ネイル 画像:ネイル

【ネイルの学校を考えてから、ネイリストデビューまで】 卒業生インタビュー

画像:国家試験模擬
(1)ネイリストを目指したきっかけは? 元々、漫画家になるのがゆめでしたが、中学生に上がってファッションに興味を持つようになり、そこで2つの要素を活かせるネイリストになると決めました。
(2)真野でのエピソードは? 基本的に怒られてばっかりでした。石渡先生にはたくさん迷惑をおかけしました。。でもTBでの1年は本当に楽しかったです。
(3)ネイリストを目指す高校生にアドバイス 今はネイリストになりたい人が本当に多いです。いわゆるライバルが多いということです。 「技術が上手い。」はお客様からしたらあたりまえです。 そこで自分の得意な部分を見つけてそれをとことん伸ばして誰も真似できないくらい上達させればきっと立派なネイリストになれます!
(4)ネイリストの魅力は? お客様に「かわいい!ありがとう!」と言われた時の達成感と喜びはかなり大きいです。笑 やり甲斐のある仕事だと思います。
 
(5)入社してからのデビューするまでの流れ 入ってからはまず美容業界ではよくある下積みがあります それからモデルを呼んで練習を積み重ねてお客様に入るようになり、そこで技術を認められて初めてネイリストとしてデビューをします。 デビューまでは自分の技術で上手くいかなかったり仕事に慣れなかったり、本当に大変です。 でも、そのほんの数ヶ月我慢して努力すれば確実に力はつきます!
 
(6)お店のPR esNAILで教わる技術はハードルがかなり高いですが、その分早く上達できると思います! 毎日沢山のお客様が来るので自分の経験値も上がります! 私はesNAILで働けて誇りに思います。
 

家事、子育て、仕事と両立

  画像:国家試験模擬
ネイリストというお仕事は自宅の小さなスペースでもお仕事ができます。 道具を持参して『出張ネイル』としてお仕事もできます。私は、出産後すぐに自宅開業をし今も「家事・子育て・ネイルのお仕事」の両立を時間を工夫してこなしています。 ネイリストというお仕事は人を美しくして「キレイ!」「嬉しい☆」「いつもありがとう♪」と言われます。 これが活力となり自分の美意識も高められ、誇れるお仕事です。真野美容専門学校で夢を叶えて、ネイルを通し世界中の女性が内面からも輝けるようなネイリストに。
]]>