Merry Maple (ネイルサロン) 代表 川津 ジェシカさん

『学校に登校すると言うよりは、毎日仲間に会いに行く感覚』

都内のネイルサロンで経験を積み、独立を果たした『Merry Maple』代表の「川津 ジェシカ」さんに取材しました。

・ネイリストを目指すキッカケは何だったのですか?

小さい頃から、絵を描くことが好きで将来は画家などのアーティストになろうと考えていたのですが、母親から『現実的に考えてネイリストが良いんじゃない?』と言われてから将来の夢はネイリスト一本でした。

・真野美容専門学校時代の思い出やエピソードをお聞かせください。

MANOのトータルビューティー科は本当に少人数制なので、学校に登校すると言うよりは、毎日仲間に会いに行く感覚でした(笑)今考えると1年間の半日授業でよくあそこまで勉強できたなぁとつくづく思います。(笑)

・後輩へのアドバイスをお願いします。

やはりなんでも基礎が大事だと思います。その基礎をMANOで勉強できましたし、なんと言っても検定のサポートがとても良かったのでみんな検定合格していました。

・ズバリネイルの仕事の魅力は何ですか?

美容師に比べてお客様とのコミュニケーションは意外と少ないほうだと思います。お客様と施術中も話しますが、ほとんど下を向いて作業しながら話すので、相手の目を見て話すのが苦手な人見知りな方も出来る仕事だと思います。

・最後に・・・

ネイル業界はAI化で減少するとも巷では言われていますが、デジタルにはできないアナログの良さだったり、本物志向なお客様を相手にするなど、まだまだ伸びしろがある業界だと思いますよ!

氏名  :川津 ジェシカ
卒業年度:2014年卒業
出身地 :カナダ
サロン名:Merry Maple
役職  :代表
キャリア:6年
サロンHP:http://merrymaple.tokyo/

※このページは2019年11月インタービュー時の情報です。