新型コロナウイルス感染症予防対策についての取組み

真野美容専門学校では、文部科学省が作成した衛生管理マニュアル「学校の新しい生活様式」等に基づき、新型コロナウイルス感染症予防対策として下記の取り組みを徹底しております。在学生や来校する方々が安心して過ごせる学校として、今後も取り組みを徹底してまいります。

■ 学校内においての取り組み
・ 1.登校時の対策
・ 2.授業時の対策
・ 3.学校生活全体での対策
■ イベント実施時の取組み
■ 学校外においての取組み
■ 新型コロナウイルス感染症罹患者が判明した場合の対応について
・ 罹患が判明した場合
【学校内においての取り組み】
1.登校時の対策
①登校時に検温と石鹸での手洗い、手指消毒を実施します。
②37.0℃以上の発熱が見られる学生は帰宅させ、病院の診断を受けて診察結果を報告するよう指示します。
②学校内ではマスク着用を義務付けます。マスクを忘れた場合は購買にて購入させます。
③下駄箱、玄関、階段等が「密」状態にならないように、ソーシャルディスタンスをしっかり取らせます。
2.授業時の対策
①学生には、授業や実習時は全員にマスクの着用を義務付けます。
②教員には、授業や実習時は全員にフェイスシールドとマスクの着用を義務付けます。
③校舎内・各教室・実習室には手指用消毒液(消毒用アルコール)を設置します。
③教室・実習室・廊下等の換気を徹底して行い、教室は2つの教室を繋げるなどして、ソーシャルディスタンスを徹底します。
3.学校生活全体での対策
①常に学生へは、石鹸での手洗い、手指消毒、咳エチケット、ソーシャルディスタンスへの意識付け、習慣づけを徹底します。
②体調が優れない時は登校させず、欠席による授業の補講を配慮します。
③授業については、その時々の状況を踏まえ、分散・時差登校やオンライン授業に適宜切り替えられるよう常に準備します。
④休憩時間の言動にも留意し、特に対面での会話、食事には注意させます。
【イベント実施時の取組み】
①来校された方は、校舎に入館する前に検温と石鹸での手洗い、手指消毒を徹底します。
②マスクやソーシャルディスタンスの徹底、スタッフもマスク及びフェイスシールドを着用して、対応いたします。
③換気に常に配慮し、15分以上の対面活動にならないよう遵守します。
【学校外においての取組み】
全ての人が安心して過ごせるよう、新しい生活様式を徹底し、学外でも安全対策上危険、不適切と考えられる行動をとらないよう、指導徹底してまいります。
上記の取り組みは、学校教職員へも適用いたします。

新型コロナウイルス感染症罹患者が判明した場合の対応について
新型コロナウイルス感染症は季節に関係なく猛威を振るい続けており、日々、感染者は増加しているのは周知の通りかと存じます。
真野美容専門学校では感染症予防対策を講じ、日々予防に対して一片の緩みが無いように対応をしております。
学校内で過ごす学生一人一人の感染予防意識も高く、協力を得られています。
しかし、感染症は学校生活だけでなく、日々の生活全体において誰しもが感染するリスクが顕在しており、教職員を始め、学生の全員に感染する可能性は今後も否定できません。そこで本校では、学校関係者に罹患者が判明した場合の対応を事前に周知させていただきますのでよろしくお願い申し上げます。
【罹患が判明した場合】
①行政機関・保健所の指導のもと、罹患者の行動範囲を特定し、2次感染防止の観点から学内の消毒を実施します。
②必要に応じ、休校学年・学科を定め、行政機関・保健所の指導の下、休校期間を定めます。
③濃厚接触者の特定は保健所が判定する為、検査等については保健所等の指示に従います。
④行政機関・保健所の確認の下、学校再開の日程を定めて再開いたします。
⑤感染が判明した方に対し、不当な差別などが向かないよう、人権・プライバシーを保護する義務があると考えております。
⑥授業を休む場合も配慮し、出席停止扱いとし、快復後、速やかの学生生活に復帰できるように配慮いたします
⑥濃厚接触者の疑いがあるために検査待機した場合でも欠席扱いとはせず、学生の不利益が生じないよう配慮いたします。
上記の取り組みは、学校教職員へも適用いたします。