2007年 美容専門学校の出来事(ブログまとめ)

11月の美容専門学校の出来事ブログ

美容学校の卒業コンテスト

真野美容専門学校では、11月15日に卒業コンテストを開催致しました。

卒業コンテスト1位
第1位 太田代陵さん
卒業コンテスト2位
第2位 渡辺麻美さん
卒業コンテスト3位
第3位 芹田康平さん
卒業コンテスト4位
第4位 秦野菜々さん
卒業コンテスト5位
第5位 成島しおりさん
卒業コンテスト6位
第6位 段ノ上あかねさん
卒業コンテスト7位
第7位 桐谷明世さん
卒業コンテスト8位
第8位 井川亮太さん
卒業コンテスト9位
第9位 鈴木綾真さん
卒業コンテスト10位
第10位 半澤優里奈さん

東京理科大学 学園祭に参加☆

神楽小路
東京のど真ん中「神楽坂」
11/24(土)、25(日)東京理科大学
学園祭にマノの生徒が参加しました☆

二日間でカットとネイルのお客様が
なんと180名!!

お手伝いしてくれたマノの生徒さん
お疲れ様でした (^ Q ^)/゛

理大祭理大祭
理大祭理大祭

10月の美容専門学校の出来事ブログ

日大商学部 砧祭

ネイル作成中
10/27日~29日の3日間 日本大学商学部の学園祭「砧祭」にてカット&ネイルをやりました。
延べ250名のお客様に来てもらって大変ご好評でした。
マノの学生もヘルプに入ったりでとても有意義な3日間となりました。

手伝ってくれたマノの学生さん
手伝ってくれた生徒さん

子供も大喜び(^▽^)
子供も大喜び

男の子もネイルに挑戦★
男の子もネイル

みんなでかわいく記念撮影♪♪
ネイル完成

8月の美容専門学校の出来事ブログ

高校1年生2年生のための美容実習体験入学

オープンキャンパスではカット、ワインディング、メイク、ネイルが体験できます!
まだ進路を決めていない高校1年生は美容の世界に触れてみませんか?
高校2年生の方はより深く美容の技術について体験しましょう!
高校3年生はどの学校が自分にあった美容専門学校かを、見極めにいらしてくださいね!
カット体験
カット体験

ワインディング体験
ワインディング体験

メイク体験
メイク体験

ネイル体験
ネイル体験

6月の美容専門学校の出来事ブログ

ヴィダルサスーンスクールシップカットコンテスト

やっと終わったコンテスト☆
肩の力が一気に抜けた感じ。でも達成感でいっぱいヾ(>▽<)ゞ
ほんと頑張って良かったです!!
芹田康平くんの作品

彼女にカットモデルになってもらい、なんと4位入賞することができました!
桐谷明世さん

ダヴィデ先生によるレクチャー

ヴィダルサスーンスクールシップカットコンテスト

5月の美容専門学校の出来事ブログ

YOSH・TOYAセミナー

20070531120141.jpg

20070531120159.jpg

【モデルになってくださった生徒さん達】
中森愛子さん

伊藤奈美子さん

佐藤文香さん

半澤優里奈さん

川目紗理さん

アリミノカラー講習

アリミノカラー講習

アリミノカラー講習

アリミノカラー講習

美容科はメイクの授業☆相モデルでじっくり学ぶ

総合美容が学べる真野美容専門学校ではメイクコースを選ばなくてもメイクの技術が学べます。(より学びたい方はオプションコースを用意しております。)
授業の一環で行われるメイクでは相モデルで人それぞれの特徴に合わせてメイクの練習をしていきます。
幅広く美容の勉強をしたいなら真野美容専門学校へ!!
オープンキャンパスカレンダーへ
メイク

メイク

メイク

4月の美容専門学校の出来事ブログ

ネイルの授業☆美容師を目指しながらネイルの資格を取る!

ネイル授業

濱里由真さん

林美有さん

美容科ではネイルの授業も行います。きれいな指先を意識した美容師に!

3月の美容専門学校の出来事ブログ

着付けの授業

2年生最後の授業となる着付けの授業。
校長先生から直々にご指導頂きました。
校長先生による着付け授業

成人式の前に成人式を味わいました。
モデルになってくださった生徒さん達

感動の卒業式!!

3月9日(金)
晴れて私たちは卒業を迎えました!

校長先生のお祝いの言葉から始まり、卒業証書をもらい胸がいっぱいになりました。
これからは社会人として何事にもくじけず頑張んなきゃ
\(>▽<)/
校長先生の挨拶

卒業式の後は大盛り上がりの謝恩会!!
ホテルの美味しいご飯を食べながら写真をたくさん撮ったり♪
みんなでかんぱ~い♪

そして私たちの感謝の気持ちを込めて、先生方へ歌のプレゼント。
感極まり声が震えてうまく歌えてたか心配・・・
先生方に歌のプレゼント

先生、本当にお世話になりました
マノでの思い出は一生忘れません
ありがとうございました

平成19年 第15回 国家試験に今春卒業生全員合格!!

3月30日(金)
今春卒業した2年生国家試験に全員合格しました。

3月9日(金)卒業式を迎えた2年生の国家試験を
実技テスト・・・2月9日
筆記テスト・・・3月4日
に受験し、3月30日に試験センターにて合格発表がありました。
2年間。苦しいこともあったけれど、晴れて美容師免許取得!
みんなおめでとうございます!!

2006年 美容専門学校の出来事(ブログまとめ)

9月の美容専門学校の出来事ブログ

■ネイル検定3級合格に向けて:美容科でもネイルの資格が目指せる!

ネイリストのための資格として日本ネイリスト協会が主催しているものがあります。
マノでは希望者を対象に放課後を利用して技術講習をしています。今回は3級合格に向けて1年生が約10名チャレンジします。
本番さながらの雰囲気でマッサージからマニキュアまで、規定の時間をしっかりと計って頑張っています。

ぬばたま 松崎先生

今日は”鳥髪”や”ゆうかみ”の著書で有名な”美容室ぬばたま“の松崎先生をお迎えして、卒業コンテストに向けた講習をして頂きました。



午後からは午前中に見せて頂いたスタイルを生徒たちがチャレンジ。松崎先生から技術やポイントなど細かに教えて頂いたので、卒業コンテストの参考になりそうです。


ヴィダルサスーンスクールシップ本戦

「ヴィダルサスーンスクールシップカットコンテスト2006」の本戦が日本武道館でありました。全国のスクールシップ校(約30校)から400人以上の代表生徒たちが集まり、カットやブローの技術から服までトータルに競い合う大会です。
今回はマノから本戦に出場はしませんでしたが、他校の生徒作品や作品に取り組む姿勢、コンテスト後のヴィダルサスーン・チームによる”ヘアショー&セミナー”など2年生は卒業コンテストに、1年生には来年のサマデモや本選出場に向けて良い刺激になったと思います。

8月の美容専門学校の出来事ブログ

オープンキャンパス「ブライダル体験」ブライダルサロンで活躍するプロから学ぶメイク&ヘア

夏休み最後のオープンキャンパスには「ブライダル体験」を実施しました。参加してくれた皆さんの中から2人に実際にマノの先生がメイクやヘアをセットして、ウェディングドレスを着てもらいました。
マノの先生たちは週末などには関連サロンで実際にカットやブライダルの仕事をしています。なので、プロの現場での仕事や流行などを生徒にすぐに教えることが出来るのです。卒業生がサロンやブライダルの現場ですぐに活躍できる生徒が多いのも、マノの特徴の1つです。
060823a.jpg

男の子にも人気のネイル体験!真野美容専門学校のオープンキャンパス

「男の子には人気がないかも」と思いながら、予想以上に楽しんでくれてるのが”ネイル”の体験実習です。マニキュア液で水に描いた模様をチップに写すタイミングを考えてる集中力はマノの生徒以上かも・・・。実際にオープンキャンパスにサポート役で参加したマノの生徒は、皆さんの集中力や作品を見て「負けてられない、練習しなくては」と言ってることも多いのです。
練習しただけテクニックが自分のモノになるのが美容技術者の楽しみの1つなのです。

オープンキャンパス:地味だけど美容師を目指すのに必要なワインディング

オープンキャンパスで地味だけど、達成感のある実習があります。”ワインディング”と言って、パーマをかける時に必要な技術で、美容師国家試験の科目にもなってる大切な実技です。
今日は1年生が手伝ってくれましたが、練習を始めて3ヵ月だけど1分間で4本を巻くことが出来きました。(国家試験では20分で60本以上が合格ラインです)
060821a.jpg

オープンキャンパス

実はマノのオープンキャンパスの特徴として、生徒サポート役で一緒に参加しています。黒いユニフォームが先生で、白いユニフォームが生徒です。参加してくれた皆さんに近い歳ですから、実習で分からないことだけでなく、学校のことや先生のことも色々と聞いてみてください!
060803a.jpg

美容師の基本ハサミの持ち方を学ぶ!シザースで髪を切る体験ができるオープンキャンパス

美容師の基本技術を体験してみよう!ハサミ=シザースをどのように持って、どのように動かすかなど基本の基本を学びます。
シザースを使って実際に髪を切る体験をしてもらいました。髪を切るテクニックはいっぱいありますが、まずは美容師としての基本的な持ち方からです。
「親指が軽く入るか入らないかで持ちましょう!」
この持ち方1つでシザースの開き具合やスムーズさが変わってきます。
060802a.jpg

7月の美容専門学校の出来事ブログ

オープンキャンパスでブライダル体験

今日は夏休み最初のオープンキャンパスでした。ブライダル体験は参加して頂いた皆さんの中から2人に協力してもらって、ヘア・メイク・ドレスアップ・撮影をしました。最初の雰囲気と違って、とっても綺麗な雰囲気に仕上がりました。
060731b.jpg

サマーデモンストレーション 2006 / OB出演のヘアショー EMU International

マノ主催のヘアショー”サマーデモンストレーション”が赤坂・草月ホールで開催されました。1stステージ・マノの生徒、2ndステージ・堀部真生先生(HORIBE mode circle international)、3rd・小河原正光先生(EMU International)の3部構成です。







前日リハーサル

いよいよ本番前日です。モデルや技術者も本番に向けて気持ちが高まってきました。なにより技術者やモデルの顔に自信が出てきたので、リハーサルだけどちょっとだけ鳥肌が立つくらいカッコ良かったです。
明日のステージをいっぱいの人に見て貰いたいです!

ヘアショーのリハーサル

本番まであと1週間です。でも、先週には不自然だった歩き方も自然なウォーキングが出来るようになってきました。本番で使用する音楽に合わせてウォーキングする姿は、かなり雰囲気が良くなってきました。
ステージ上でセットする技術者も本番に向けて、スキルアップのために頑張っています!

プロのウォーキングを学ぶ!モデル事務所から講師が教えるウォーキング練習を体験!

サマーデモンストレーション”に向けての練習が本格的に始まりました。
今日はモデル事務所から講師をお招きして、ウォーキングの練習をしました。最初は普段の歩き方でウォーキングしてみます。
その後に教えて戴いた通りに歩くと・・・。
まだまだ硬いですが、少し自信があるように見えます。


イベントを通して普段学べないこともどんどん吸収して行ってくださいね!

月の美容専門学校の出来事ブログ

2004年 美容専門学校の出来事(ブログまとめ)

高校時代は100回くらい遅刻したけど、マノに入ってからは皆勤です
技術よりもメンタル面を多く学んだかな
好きじゃないと出来ないと思った
大学2年間はなんとなくだったけど、美容が学びたくてマノに入った

■入学して変わったこと

芳賀:諦めたりすることが多かったけど、技術をやるようになって頑張れるようになったかな。
立川:服のセンスが変わってきました。以前はどっちかと言うとコンサバ系だったけど、最近は見るお店も変わってきて、美容師っぽいとか原宿に合いそうな服も見てます。
塚田:確かにセンスは変わったよね。入学した頃は自分でしたい格好をするのが好きだったけれど、最近は誰が見てもキレイとかカッコイイと思われるようにしたい。
大山:塚田のセンスは僕には思いつかない組み合わせだよ。色々と引き出しがある証拠だよね。
塚田:大山のチカラ抜けた感じの服も、よく見せられるのはセンスだと思うよ。

■毎年、夏に行われる華やかな舞台-サマーデモンストレーション-秋に行われる2年間の集大成-卒業コンテスト-についてお聞きしました。

大山:サマデモでは技術者としてステージに立ったんだけど、観客の真剣なまなざしに手が震えました。
芳賀:私はモデルとしてステージに上ったけれど、最初は歩くのだけでも照れておどおどしてました。けれど、プロの先生にウォーキングを教わってスッと歩ける様になったのは良い経験でした。
大山:そう、モデルと言えば自分がステージでカットしたモデルさんは地元の100円ショップでスカウトしたんです。100円ショップで道具を買い揃えてるときに、目の前にスラーっとした子が通り過ぎて「この子しかいない!」。思わず声をかけたら興味があるって言ってくれました。
立川:芳賀ちゃんは卒コンで優勝したよね!
芳賀:すご~く嬉しかった。でも、みんなの作品も良かったから優勝した理由って自分ではわかりません。
塚田:アップスタイルがテーマだったけど、みんなの個性的で面白かった。その中で芳賀ちゃんの作品は、細かいところのバランスが良かったし統一感があったよ。自分も作りたいものを作れたけど、とっても悔しかったな。

■国家試験はどおだった?

立川:最初はどうなるかと思ったけど緊張感もなく、試験会場でも思ったより緊張しなかった。それより試験が終わった後に先生の顔を見たとたんい涙が出てきました。やっと終わったんだーって感じで。。。
大山:国家試験は全ての基本となるものだから必要。その基本がなければ感性も磨けないと思います。
塚田:マノに入ってから青山や原宿のサロンに言っても、切ってもらうだけじゃなく色々と感じることが多いです。髪を触ってワックスとかでセットしたときに「セットしやすい」って思ったときはすごいと思った。ちゃんとした基礎技術だを身に付けた美容師になろうと思った。だから1つの目標として国家試験技術の取得は必要だと思う。

■美容に進もうか悩んでいる後輩にアドバイス

立川:最初はヘアには興味なくてメイクやネイルをやりたかったんだけど、実際にヘアをやってみたら面白かったし、視野が広がった気がする。
塚田:技術は自分でも勉強し続けなないといけないから、そのベースになる基礎技術はすごく勉強になったし、メイクやネイル、着付けまで勉強できたのは良かった。なによりマノにはいったら技術的なことだけじゃなくメンタル面や団結力の大切さを学んだことが大きかった気がします。
大山:中学から美容師になりたくて、オシャレが好きだった。そんあ理由でも良いと思う。でも実際に入ってみるとオシャレの裏側がとても厳しいことがわかりました。高校時代は100回以上遅刻をしていたけど、今は皆勤。それくらいの気持ちがないと続かないと思うけど、好きなら続けられると思います。大切なことは「美容が好き」「オシャレが好き」っていうことかな。
芳賀:私は大学に2年間通ってから美容の世界に来たんだけど、大学時代は目的もなくなんとなく通っていました。でも心の何処かでいつも美容のしごとをやりたいなあと思っていました。最初は厳しかったけれど思い返すととても良かった。
塚田:嬉しいときも苦しい時も悔しい時も涙がいっぱいでるからマノの2年間での涙の量は半端じゃないです。あとは先生と生徒の距離が近いっていうのも良かった。マノのスタッフ全員の方にも顔や名前を覚えてもらえます。コレって少人数の良さだと思う。見てくれてると思うから頑張ろうって思います。