日本髪単位修得試験‼‼8月の末から始まった日本髪もとうとうクライマックス

皆さんこんにちわ!
台風15号が過ぎても、千葉県の復旧作業は続いています。
屋根の修復作業中に誤って転落して死亡してしまう人が増えているそうです。
家の破損も千葉県南部を中心に2万戸を超えたそうです。おいうちをかけるように今日の天気は雨だそうです。
自然の力はとても恐ろしい力で町を破壊していきます。
災害により被害を受けた方々は今までの生活から一転してしまったと思います
どうか、強い気持ちを持って日々過ごしてほしいと思います。 今回はついに……2年生の日本髪の単位修得試験でした!
8月の末から始まった日本髪もとうとうクライマックスです!
最初は各部分の名前も、作り方も分からなかった学生達も今ではとても上手に仕上げてくれて、感心の毎日です。
梳かし方や髱と鬢の大きさ、全体のバランスなども作業していくうえで自分たちで考えて仕上げています。
40分間がスタートしました!
1つ1つ丁寧に時間をかけながら作業しています。
40分間という時間を最大限に使って飾りまできちんと仕上げてくれました。
2年生の皆さんよく頑張りました。お疲れ様でした。
来週からは卒業コンクールに向けての授業に突入していきます。
その前に……..明日から2年生は修学旅行に行きます‼ その様子は次回のブログの載せていこうと思います! 真野美容専門学校 津久田

]]>

2年生は日本髪の単位修得試験まであと少し!梳かし方、パネルの角度、すき毛の大きさなど注意して綺麗な日本髪を完成させよう!

皆さんこんにちは‼
先日の台風15号「ファクサイ」はとても大きくて、様々な地域に爪痕を残していきましたね…
現段階で広い範囲で停電や断水が続いており、復旧作業も人数を大幅に増やして急ピッチで進められているそうです。
1日でも早く復旧することを願います。
暑い日が続いているので熱中症に気をつけてくださいね。 さて、今回も日本髪についてです!
いよいよ来週の水曜日に2学期始まってから初めての単位修得試験(日本髪)が行われます。
日本髪単位修得試験は40分間で仕上げていただきます。(飾り付け込み)
上の画像は学生達が作成した日本髪です!
年々学生達のクオリティがあがってきており驚いています!
梳かし方、パネルの角度、すき毛の大きさなどが少しでも変わると仕上がりは大きく変わってきます。
それも気にしつつ、全体のバランスも見ていかないと綺麗な日本髪は完成されません。
試験に向けてみんな頑張っています。 試験が終われば、2年生は修学旅行が待っています‼
2年生全員合格できばいいですね…(笑)

真野美容専門学校 津久田

]]>

日本髪の授業♪日本髪を作る順番は??

みなさん こんにちわ (^^)/^

大きな台風が日本列島に接近していますね。 9月に入りこれからジャンジャン台風が襲ってくるのでしょうね。

毎年のことですが、その時その時により大きさ、速さ、進路が違うので慣れることはなく、心配ですよね。

大きな扇風機みたいなもので、台風を吹き飛ばすことができたらいいのになぁ。っていつも思うのですが、

まだまだそんな夢のような扇風機(( ´∀` ))w は現実にはないんでしょうね。。。

 

2年生は、来週のテストに向けて日本髪を毎日頑張っています。

日本髪を作る順番は、

① 根(ね)

② 髱(たぼ)

③ 鬢(びん)(左右)

④ 前髪(まえがみ)

⑤ 後髷(うしろまげ)

⑥ 前髷(まえまげ)

⑦ 飾り付け

です。

この写真が髱(たぼ)が仕上がったところです。

たくさんの髪の毛をとかし、中央の手元に集める。これが最初はとても難しく、みんな苦戦してましたが、数を重ね練習すると

こんなにもうまく仕上げられるようになりました。

次は鬢(びん)です。

鬢(びん)の作り方はこの日本髪のスタイルを作る上で最大の難関箇所です。

コームの入れる角度、とかし方、毛束の動かし方、すき毛の入れる位置、髱(たぼ)とのつながり

左右をシンメトリーに作る、etc.

ほかにも色々気にしなくてはならないことがあり大変なパーツですが、みんながんばってます!

 

来週にはこの下の写真のように仕上げていきます。

髪の毛の動かし方、きれいなとかし方、つやのある面の作り方を学び、単位修得試験での上位を目指して

がんばって ください!!

がんばれ \(^^)/♪ 2年生!!

 

真野美容専門学校  津久井

]]>

2年生日本髪開始‼日本髪は古くから伝統的に受け継がれてきたヘアスタイル

皆さんこんにちは!
暑い日が続いていますね(´;ω;`)
今年も残暑が長引くらしいです(´;ω;`)
水分補給などまだまだ暑さ対策は必要です!
みなさんもお気をつけてくださいね。 さて今回は、2年生がついに「日本髪」の授業に突入しました!
毎年この時期は日本髪をやっています!
日本髪が終わると、真野の3大イベントの1つでもある「卒業コンクール」に向けての練習が始まります!
まずは、日本髪とは何かという事を明確に理解してほしいので、日本髪理論の授業を真野の教頭先生である甲斐先生がやってくださいました
パソコンを使用して、とても丁寧にわかりやすく教えてくださいました
皆さんご存じの通り、日本髪は古くから伝統的に受け継がれてきたヘアスタイルです。
日本の文化には着物や下駄、草履など外国にはないものが多いなかで、この日本髪も日本独自のものなのです。
日本髪にはたくさんの種類があります。数で表すと女性だけで約150種類もあり、男女子ども合わせて約300種類もあるそうです!
すごいですよね‼
日本髪は基本的に、前髪、左右の鬢(びん)、髱(たぼ)、髷(まげ)の5つの部分で構成されています。
日本髪は単位修得試験になってるので皆さん頑張っております。

この作業は「すき毛」を指定された形にしていく作業です!言ってしまえば日本髪を作成する準備です。
頭の各部分にボリュームを出したいときに、このすき毛を入れることによって自然なボリュームを出してくれるという美容道具です。
ヘアアップスタイルにはよく使用されています!
すき毛が完成したらいよいよ日本髪を作成していきます‼ 日本髪の単位修得試験はなんと来週の金曜日(9月13日)です。
2年生、頑張って!
来週のブログでは日本髪の授業の様子を載せていきたいと思います。

真野美容専門学校 津久田

]]>

着付け練習(^^♪おはしょりの歴史1回目

 

 

こんにちは、8月厳しい残暑が続きますね。お天気予報では9月から場所によっては10月並みの気温にもなるとのこと、皆さん体調管理には気をつけていきましょう。

写真は着付けで習った留袖です。襟を真っ直ぐに着付けるのはとても難しいですね、特に今回は「おはしょり」にポイント持っていきます。

おはしょりを調べてみました、皆さんと一緒に勉強していきましょう!!今回は第1回目

 

おはしょりとは

漢字ではお端折り書きます、「はしょる」は「はしおる」が変化したものそして着物を着る人たちには「裾をはしょる」と使われることもあります。

女性のきものは、身長よりも長いので腰部分で折り返して、帯の下に出して着ます。紐で丈を調節します長年着てる着物は裾が切れてしますこともあります。着物は裾を切って仕立て直せばまた切ることができます。おはしょりを考えた人は本当に凄いと感じます。

江戸時代・・・身丈に合わせたもので、おはしょりはありませんでした。

       細い帯を締めていました、丈は長く屋内では「お引きずり」になり、外出時は裾を引き上げて紐で縛っていたようで               

       す。

明治時代・・・明治はじめ頃は「お引きずり」

       女性も動きやすい着物を求めていた時代、明治中頃からは腰紐で最初から長さを調節する現在の着方になりました。

 

     今日はここまで、次回もおはしょり歴史「ぽってりしたおはしょり」のお話です。

1回目:着付け練習(^^♪おはしょりの歴史1回目
2回目:着付け練習(^^♪おはしょりの歴史2回目

 

 

南登美子先生による、日本髪特別授業

日本髪2 モデルはTB科の福田さん、南先生の手練れた伝統の技を 間近で見ながら真剣な表情のMANOの学生たち! 日本髪1 最後はモデルになった福田さんに本校校長が着付をして… 日本髪3 日本髪4 いつもの印象とはまた違って伝統の美を感じるね! ]]>