東京の美容学校 真野美容専門学校(新宿) | 少人数で評判、確実に指導!の美容科。ネイル検定1級合格が1年で達成トータルビューティー科 | 母国で美容師に留学生コース


ロゴイメージ、真野美容専門学校
学校法人マノ学園
真野美容専門学校
☎︎03-3209-3811
【受付時間】 9:00-17:00(平日)

資料請求

体験入学

アクセス

初めての方へ



学校沿革
真野美容専門学校の前身は
大正12年(1923年)にさかのぼります。
新宿区四谷にオリエンタル美容研究所を創設し、代表に真野房子が就任しました。 美容業の教育と発展を志して、昭和25年にはオリエンタル美容研究所を改組し、 新宿区西大久保に真野高等美容女学校を創立し、本学の礎が築かれました。 翌々年には真野高等美容学校に校名変更し、美容師養成施設として厚生大臣の指定を受けました。

国内で美容技術の研究と環境衛生の教育指導に先進的な役割を担う一方、 現校長真野英子がアメリカ、フランスに学び、国際レベルの最新美容技術を日本に紹介、 取り入れ、技術と感性の両面で美容教育業界をリードしてきました。 昭和41年には学校法人真野高等美容学校として文部大臣の指定を受け、 校長の各著作品をはじめ業界での各職歴任により、専修学校としての基盤を固めました。

昭和61年には東京都知事より専修学校の認可を受け、これに伴い校名を学校法人マノ学園真野美容専門学校と改称し、 現在の新宿区歌舞伎町に新校舎を開校して現在に至っております。
平成22年現在、昼間部美容科(2年制専門課程)、夜間部美容科(2年制専門課程)、通信課程(3年制通信教育課程)、 トータルビューティー科(1年制一般課程)を有し、講師陣約40名、学生定員400名となっています。
※トータルビューティ科は平成22年4月設置
校舎
    概要topヘ     教育理念ヘ







教育理念
専門学校は、専修学校制度による専修学校の専門課程を持つ学校をいい、 都道府県知事の認可により職業教育を行う高等教育機関として位置づけられています。 当然に真野美容専門学校は美容分野の職業、技能教育の場です。

このことを原点に、本校の教育方針は社会人として、美容師として、共に人間形成を作ることを目的としています。 すなわち美容師の価値は一面では技術によって評価されますが、技術は人をはなれて存在するものではありません。 立派な美容師として役に立つには、まず人間としての自分を磨くことが大切であるという考え方を基本にしています。

方針
本校では、この教育理念を「一期一会」、「気づき・決断・実行」とし生徒指導の基本的な考え方としています。 すなわち、学校生活を通じて出会う多くの先生、先輩、学友との交流を通じて、学生がそれぞれ自分自身の在り方に気づき、 何かを決断して一歩一歩実行していくことが成長の原点と考えています。 自ら気づいて目標、夢、ビジョンを持った人間は驚くほど大きなパワーを発揮します。 どんなことにもポジティブに取り組み、楽しみながら技術、知識、情報を吸収して育っていきます。単に技術や学科の授業を教えるのではなく、学ぶ楽しさを気づかせることが大切です。
学校沿革ヘ     概要topヘ     マノの歩みヘ







マノの歩み
【1923年3月】
東京新宿区四谷3丁目38番地にオリエンタル美容
研究所を創設。代表に真野房子就任。

【1950年2月】
東京都新宿区西大久保1丁目457番地に
真野高等美容女学校を創立。
オリエンタル美容研究所を改組し
初代校長代表に真野房子就任。
美容研究団体「真会」を創設。
真野房子会長となり美容技術の研究と
環境衛生の教育指導に当たる。会員6,000人

【1952年12月】
東京都新宿区西大久保1丁目459番地に
位置変更ならびに真野美容高等学校に校名変更し
美容師養成施設として厚生労働大臣の指定を受ける。

【1965年5月】
真野英子、理事長に就任。

【1966年12月】
学校法人真野高等美容学校。
学校法人として文部科学大臣の指定を受ける。

【1986年3月】
東京都新宿区歌舞伎町2丁目42番地5号に
新校舎完成。

【1986年4月】
東京都知事より専修学校許可。これに従い
学校法人マノ学園真野美容専門学校と改称する

【1986年12月】
真野房子校長逝去

【1987年1月】
真野英子、校長に就任

【2002年12月】
創立80周年を迎えるにあたり
ビューティステージ「MEMORY」開催

【2004年3月】
美容師国家試験(実技・筆記)に卒業生全員合格達成

【2004年5月】
校長真野英子ICD(Intercoiffure)
世界大会でシェバリエ賞を受賞

【2005年4月】
ヴィダルサスーン・スクールシップ校に指定

【2006年3月】
美容師国家試験(実技・筆記)に卒業生全員合格達成

【2007年3月】
美容師国家試験(実技・筆記)に卒業生全員合格達成

【2009年2月】
校長真野英子ICD JAPANより永年の美容界貢献により感謝状を送られる

【2010年3月】
美容師国家試験(実技・筆記)に卒業生全員合格達成

【2010年4月】
トータルビューティー科新設

【2012年3月】
美容師国家試験(実技・筆記)に卒業生全員合格達成

【2014年3月】
美容師国家試験(実技・筆記)に卒業生全員合格達成
教育理念へ     概要topヘ     校長よりヘ







校長より
校長画像
校長メッセージ

【校長メッセージ】

皆さんには美容の勉強を心から楽しんで頂きたいと思います。 楽しむというと簡単なことのように思われるかもしれませんが、実はそう簡単なことではないのです。

古代ギリシャの哲学者、アリストテレスは「楽しみは能力のしるしである」と言っています。 勉強を楽しむことができる、仕事を楽しむことができるというのは、それ 自体が能力の証なのです。
学校というのは、そういう能力、楽しむ能力を培う場でもあると考えています。

楽しむ能力と並んで大切なのは表現する能力です。豊かな表現力はどんな職業でも役に立つものです。 特にスタイリストにとっては重要であると思われます。

では、どうすれば豊かな表現力が身につくかと申しますと、 それは多くのものを吸収した結果として見に付いてきます。

美容師になるために、美容の技術を多く吸収しなければならないことは言うまでもありませんが、同時に、感性を磨くための吸収も疎かにできません。

表現とは、技術と感性とが相俟って、はじめて表現されるものです。

ですから皆さんには、若いうちにこそ感性を豊かにするような経験をできるだけ、 多く積んでおいて頂きたいと思います。 本を読む、芸術に
親しむ、世界を旅して異なる文化に接する自然の美しさを発見するなど、何にでも積極的に挑んでいかれるとよいでしょう。

世界は今、不況の真っ只中にあって、私たちは殺伐とした時代に生きています。

このような時代であれば、美しさに心の癒しを求めたいという気持ちが強まってきます。 また見かけだけの美しさではなく、美しい生き方に、癒しを見出したいという思いが強まってきます。

美容師はそういう気持ち、そういう思いに応えることのできる素晴らしい職業だと思います。
マノの歩みヘ     概要topヘ     スタッフヘ







スタッフ
教頭
真野 敬大

副校長兼 ト-タルビュ-ティ-科 総括


一人一人の個性にあった
ライフスタイルの美を追求することを大切に



教頭
坂崎 文彦

副校長


国内はもちろん、グローバルな
視野をもった美容師としての活躍を



教頭
真野須真子

教頭


本校の教育方針は
「人間形成」が基本



美容科 甲斐先生
甲斐教康

教頭


未来のために、「自主性のある行動」
を指導しています。



美容科 森田先生
森田隼人

副教頭

準備を整える期間
美容の楽しみを伝えるのが役目



教頭
津久井 愛子

教員


『☆美容は笑顔を広げる☆』
相手を思いやる気持ちが相手を笑顔にします。
技術のみでなく心も磨き
一緒に夢を掴みましょう!!



美容科 甲斐先生
金子 賢二

教員


『即戦力』
美容師として技術の習得はもちろん、
人として、社会人として、すべてのお客様に
愛される美容師を輩出します。



美容科 森田先生
西田 友美

教員

『見る力、聞く力』
小さな枠にとらわれず、大きく考え、
行動できるよう、少人数ならではの密な
コミュニケーションでサポートします。



美容科 森田先生
内藤 詩乃
- トータルビューティー科 -
担任(JNA認定講師)

即戦力になる技術
そして内面から美しい女性に



着付け 稲葉先生
稲葉勝代

着付け・ヘア担当

ワールドワイドな活躍を
視野に入れて



入学相談 永島
永島一

入学相談室

美容の世界を目指す皆さんを
バックアップします



校長メッセージヘ     概要topヘ     教育の特色ヘ







教育の特色
信頼関係
先生と学生の信頼関係を
第一に考えます!

ベテランの教師ができるまで教える愛情、一人ひとりとの丁寧な対応を何より大切にします。
これが高い国家試験合格率、就職率の原点です。
基本をしっかり
基本をしっかり
徹底的に教えます!

基本をベースにしたクオリティの高さを大切にしています。 人を感動させる作品は基礎という土台の上に強烈な個性が輝いているのです。 国家試験課題からサロンで役立つ技術までステップごと丁寧に教えます。
本物の出会い
本物の出会いで
クオリティを高めます!

本物を得るにはまず模倣からはじめよと言います。 常に「本物を見る!体験する!感じる!」姿勢を養うために、一流講師の授業、話題性の高いイベント参加、海外研修などを通して若いみなさんの可能性を引き出します。
カリキュラム
実践を重視した
カリキュラム

卒業後できるだけスムーズに実社会のサロンに溶け込めるようなカリキュラムが特色です。 ファッションショー、コンテスト、サロン研修、校外イベントに参加しながら実践的な現場感覚が養えるようになっています。
人間性
何より大切なのは
人間性

美容は感性と技術も大切ですが一番は接客サービスです。 本当に相手の心を動かすのは、最後はその人の心ではないでしょうか。 心が少しずつ豊かになるように、マナーや国語、外国語、心理学などの勉強、ボランティア活動に取り組んでいます。
スタッフヘ     概要topヘ