2004年/美容科 在校生インタビュー

高校時代は100回くらい遅刻したけど、マノに入ってからは皆勤です
技術よりもメンタル面を多く学んだかな
好きじゃないと出来ないと思った
大学2年間はなんとなくだったけど、美容が学びたくてマノに入った

■入学して変わったこと

芳賀:諦めたりすることが多かったけど、技術をやるようになって頑張れるようになったかな。
立川:服のセンスが変わってきました。以前はどっちかと言うとコンサバ系だったけど、最近は見るお店も変わってきて、美容師っぽいとか原宿に合いそうな服も見てます。
塚田:確かにセンスは変わったよね。入学した頃は自分でしたい格好をするのが好きだったけれど、最近は誰が見てもキレイとかカッコイイと思われるようにしたい。
大山:塚田のセンスは僕には思いつかない組み合わせだよ。色々と引き出しがある証拠だよね。
塚田:大山のチカラ抜けた感じの服も、よく見せられるのはセンスだと思うよ。

■毎年、夏に行われる華やかな舞台-サマーデモンストレーション-秋に行われる2年間の集大成-卒業コンテスト-についてお聞きしました。

大山:サマデモでは技術者としてステージに立ったんだけど、観客の真剣なまなざしに手が震えました。
芳賀:私はモデルとしてステージに上ったけれど、最初は歩くのだけでも照れておどおどしてました。けれど、プロの先生にウォーキングを教わってスッと歩ける様になったのは良い経験でした。
大山:そう、モデルと言えば自分がステージでカットしたモデルさんは地元の100円ショップでスカウトしたんです。100円ショップで道具を買い揃えてるときに、目の前にスラーっとした子が通り過ぎて「この子しかいない!」。思わず声をかけたら興味があるって言ってくれました。
立川:芳賀ちゃんは卒コンで優勝したよね!
芳賀:すご~く嬉しかった。でも、みんなの作品も良かったから優勝した理由って自分ではわかりません。
塚田:アップスタイルがテーマだったけど、みんなの個性的で面白かった。その中で芳賀ちゃんの作品は、細かいところのバランスが良かったし統一感があったよ。自分も作りたいものを作れたけど、とっても悔しかったな。

■国家試験はどおだった?

立川:最初はどうなるかと思ったけど緊張感もなく、試験会場でも思ったより緊張しなかった。それより試験が終わった後に先生の顔を見たとたんい涙が出てきました。やっと終わったんだーって感じで。。。
大山:国家試験は全ての基本となるものだから必要。その基本がなければ感性も磨けないと思います。
塚田:マノに入ってから青山や原宿のサロンに言っても、切ってもらうだけじゃなく色々と感じることが多いです。髪を触ってワックスとかでセットしたときに「セットしやすい」って思ったときはすごいと思った。ちゃんとした基礎技術だを身に付けた美容師になろうと思った。だから1つの目標として国家試験技術の取得は必要だと思う。

■美容に進もうか悩んでいる後輩にアドバイス

立川:最初はヘアには興味なくてメイクやネイルをやりたかったんだけど、実際にヘアをやってみたら面白かったし、視野が広がった気がする。
塚田:技術は自分でも勉強し続けなないといけないから、そのベースになる基礎技術はすごく勉強になったし、メイクやネイル、着付けまで勉強できたのは良かった。なによりマノにはいったら技術的なことだけじゃなくメンタル面や団結力の大切さを学んだことが大きかった気がします。
大山:中学から美容師になりたくて、オシャレが好きだった。そんあ理由でも良いと思う。でも実際に入ってみるとオシャレの裏側がとても厳しいことがわかりました。高校時代は100回以上遅刻をしていたけど、今は皆勤。それくらいの気持ちがないと続かないと思うけど、好きなら続けられると思います。大切なことは「美容が好き」「オシャレが好き」っていうことかな。
芳賀:私は大学に2年間通ってから美容の世界に来たんだけど、大学時代は目的もなくなんとなく通っていました。でも心の何処かでいつも美容のしごとをやりたいなあと思っていました。最初は厳しかったけれど思い返すととても良かった。
塚田:嬉しいときも苦しい時も悔しい時も涙がいっぱいでるからマノの2年間での涙の量は半端じゃないです。あとは先生と生徒の距離が近いっていうのも良かった。マノのスタッフ全員の方にも顔や名前を覚えてもらえます。コレって少人数の良さだと思う。見てくれてると思うから頑張ろうって思います。

入学生募集について

トータルビューティー科(トータルビューティーコース、留学生コース)は2019年度入学生募集は定員に達したため終了いたしました

■美容科
2019年4月入学 募集中 

■トータルビューティーコース
2019年4月入学 受付終了

■留学生コース
2019年4月入学 受付終了

■通信教育過程
2019年10月入学 2019年5月より受付開始