VOICE! – 2016年 美容科 新入生 東京で美容師を目指す!

VOICE!#01 – 2016年 美容科 新入生 東京で美容師を目指す!

新入生は美容専門学校に入学してから3か月目の月になります。クラスの雰囲気もよく打ち解けた様子がみられます。入学の頃の緊張した様子がなくなり、表情も豊かになってきました。

今回はそんな新入生の声を紹介いたします。

東京にある美容専門学校を選んだ
新潟県、長野県、茨城県、静岡県、青森県出身の5名の声をご紹介!

6/1よりAOエントリーの受付がスタートしましたが
まだ学校選びに悩んでいる方や、美容師を目指すか迷っている方は参考にしてくださいね!

【 新潟県出身 美容科の1年生 女子】

girl_icon_001


真野美容専門学校に入学しての目標は、努力を惜しまずに何事もやりとげることです。技術は自分が努力したぶんだけついてくるものだと思うので、向上心を持って無駄な時間を作らないようにして美容学校生活を送りたいです。美容師国家試験やサロンへの就職のチャンスは何度もあるものではないので先を見て行動していきたいと思います。そのために、高校生活ではあまりできていなかった復習に力を入れて行きたいです。

私は将来、美容師として働きたいので、美容室に就職したらアシスタントの中で、スタイリストの中で、何事も一番でいられるようになりたいと思っています。そのために真野美容専門学校でしっかりと学び、自分自身を磨いてステキな美容師になりたいです。

入学したばかりでまだ不安もありますが、入学の決めてでもある、少人数制のクラスでみんなと助け合って行きたいです。自分の思い描いている美容師になれるよう、ここに書いて来たことを頑張っていきたいと思います。

充実した2年間にしていきます!

【 長野県出身 美容科の1年生 女子】

girl_icon_001


私は、真野美容専門学校に入学して学ぶにあたり3つの頑張りたいことがあります。

ひとつ目は、あいさつです。私は、1日のはじまりや初対面の方と接するときの第一声で大切なのはあいさつだと考えています。この理由から私は登校して、友達、先生、先輩へのあいさつを明るく相手の目を見ていうことを心がけて生活していきたいと思います。

ふたつ目は、五分前行動です校則にも「時間厳守」とありましたが、今まで少しくらい遅れても、など甘えてしまうことがありました。しかし、あこがれの美容師という職につくにあたり、このような考えでは通用しません。わたしは、真野美容専門学校で学ぶ2年間、五分前行動を意識して行動し、しっかりと時間を守れるようになりたいです。

みっつ目は、2年間しっかりと学び、技術を身につけることです。美容専門学校に入学する事ができたので、いろいろなことに興味をもって調べたり、授業で少しでも疑問があったら積極的に先生に聞くなど、自分から進んで学習していきたいです。

以上の三つのことを目標として、真野美容専門学校での2年間を充実した時間にしたいです。そして、卒業して美容師になるために、真剣に授業に取り組んでいきたいです。

【 茨城県出身 美容科の1年生 女子】

girl_icon_001


私は、真野美容専門学校に入学をして頑張りたいことがたくさんあります。それとともに不安もいっぱいです。わたしは、茨城県から電車で通っています。高校の時とは全く違う生活が始まるので、慣れない生活リズムについていけるか、とても心配です。しかし、東京というオシャレな街で美容を学びたいとずっと思っていたので、これから美容師になるために、たくさんのことを学べると思うと、楽しみでわくわくします。楽しく、元気に通うために、第一に美容学校に通う生活に早く慣れたいです。

次に頑張りたいことは、授業です。美容師になりたいという夢を実現させるためには、初めの授業が肝心だと思っています。最初の授業をきちんと聴いておかないと、授業についていけなくなってしまいます。なので、美容にかかわらず、全ての授業も先生の説明などをよく聴いて、わからないことなどは、積極的に質問していきたいです。あと、学校で習った事は、自宅に帰ってからもふり返って忘れないようにしたいです。

もう一つは、友人関係を築きたいです。同じ高校から来ている人がいないので、同じ美容の夢を目指す仲間と楽しく過ごしていきたいです。これから一緒に協力して相談し合える、大切な友人関係を築けていければいいと思っています。

美容専門学校での学ぶ期間は2年間しかないので、無駄にせずに2年後、仲間と笑って卒業したいです。本当に楽しみです。一生懸命、前向きに取り組んでいきたいと思います。真野美容専門学校で学ぶ2年間を大切にしたいと思います。

【 静岡県出身 美容科の1年生 男子】

girl_icon_001


私は、静岡出身なのに、静岡の美容専門学校に入らず、東京にある真野美容専門学校に進学することにしました。
地元よりも多くの美容室があり、自分にあったサロンなど、就職するのに道が広く考えられると思いました。真野美容専門学校では昔からある学校で就職率も高く国家試験合格率も100%の実績が多く、少人数で先生たちが生徒たちに確実に教えられるところが良いと思い、真野美容専門学校にしました。

私はあまり器用ではないので、少人数をいかして、分からないことは先生にどんどん聴いてみんなと成長していきたいです。他にも私は人見知りであまり自分から話すのが苦手でコミュニケーションがなかなかとれません。美容院にはいってからはお客様とコミュニケーションをとっていかなくてはならないので、美容学校で学ぶ2年間で人見知りを無くしたいと思います。

【 青森県出身 美容科の1年生 女子】

girl_icon_001


まず、美容専門学校を選んだ理由は、少人数な学校で、就職率が高く、支持されている美容学校だということでした。オープンキャンパスで美容学校の見学や美容技術の体験をしてみてMANOの先生や先輩がフレンドリーで楽しくやっているのをみて入学したいともいました。

新宿にあるということで、周りに色々な施設があり学校生活が楽しくなるきがしました。

今後、私が頑張りたいことは大きく別けて3つあります。

「1つ目」はあいさつをきちんとするということ。簡単ですが難しく、とても大事なことなので明るい挨拶を心がけたいと思います。

「2つ目」は授業にしっかり取り組み技術を身に付け、磨いていけるように努力していきたいです。そして無事試験を合格して立派な美容師になりたいと思っています。

「3つ目」は人とのコミュニケーションで、出会いを大切にするということです。人のことを考えて行動したり発言し、周りを大切にして生活していきたいです出会いはたくさんありますが、これからはもっと出会いが訪れると思うので大事にしていきたいです。

これから美容学校生活を送る上で、人としての常識や礼儀を意識して1日1日を大切にし、どんあ時も前進して2年間乗り越えていき、自分の思い描いている美容師に近づいて行きたいです。そして卒業式では、自分が成長して悔いのない気持ちで卒業したいです。