卒業生インタビュー:ABBEY 深田裕太

・美容師を目指すキッカケは何だったのですか?
自分の親が地元の岡山で美容師をしているので必然と美容師を目指しました。
高校生の頃に東京のサロンで働きたいと思っていたので、美容専門学校も東京都内で探していました。そこで3校ほど都内の美容専門学校を見学しましたがMANOが1番なんとも言えない良い雰囲気だったのでMANOにしました。

・真野美容専門学校時代の思い出やエピソードをお聞かせください。
振り返ると毎日楽しかったですね。
オープンキャンパスで感じた学校の雰囲気そのままでアットホームだったこともあるのでクラスみんなが仲良かったです。卒業した今でもみんな仲が良いので休みの日とかよくあそびますよ(笑)

・美容専門学校生へのアドバイスをお願いします。
とりあえず美容師になる前にできることとして、いろいろな友達を増やすことですよね。
美容に真剣に取り組むことはいいんですけど、遊ぶことも大事なので放課後でも街に出ればセンスも磨けるし人脈も増えると思います。

・ズバリ美容の仕事の魅力は何ですか?
人工知能(AI)が進んで、ロボットに職を奪われてしまう職業が話題になりましたよね。でも美容師という仕事はロボットではできないと思うんですよ。美容師は『技術職』と言われる職業ですけど、『接客業』でもありますからね。本当の接客は人と人との関係で生まれますので、まだまだロボットなんかには負けませんよ。

氏名  :深田 裕太
卒業年度:2015年卒業
出身地 :岡山県
サロン名:ABBEY
役職  :アシスタント
キャリア:2年

※このページは平成30年1月インタービュー時の情報です。