全員合格おめでとう!第37回美容師国家試験

3月30日は待ちに待った国家試験の発表の日でした。
卒業生の皆さま!今年も全員が合格でき、最後まで努力した成果が結果としてあらわれました!

春からそれぞれの道を目指して頑張ってください。

スタッフ一同応援しています。

卒業生の声(2018.03)

・入学してからクラスの人となじみはじめて意外と色々な経験や思い出がたくさんできました。
美容科 東京出身
・一年生のころは何もわからずただ美容師になりたいと思っているだけでした。ですが「二年間の中で一回は一位になってみたい。」と思い一年生の最後の単位取得試験のワインディングで、必死に練習をし目標を達成することができました。
美容科 東京出身
・森田先生へ。何もわからないところからここまでこれたのは先生のおかげです。ありがとうございました。甲斐先生へ。1年のオプションや2年からの実技シミュレーションなどありがとうございました。自身を持って国家試験に挑めました!
美容科 茨城出身
・クラス全員がネイル検定3級,2級,ジェルネイル初級を取得できてよかった!森田先生の特殊メイクの授業がとても楽しかったよ!
トータルビューティー科 東京出身

卒業生インタビュー:ABBEY 深田裕太

・美容師を目指すキッカケは何だったのですか?
自分の親が地元の岡山で美容師をしているので必然と美容師を目指しました。
高校生の頃に東京のサロンで働きたいと思っていたので、美容専門学校も東京都内で探していました。そこで3校ほど都内の美容専門学校を見学しましたがMANOが1番なんとも言えない良い雰囲気だったのでMANOにしました。

・真野美容専門学校時代の思い出やエピソードをお聞かせください。
振り返ると毎日楽しかったですね。
オープンキャンパスで感じた学校の雰囲気そのままでアットホームだったこともあるのでクラスみんなが仲良かったです。卒業した今でもみんな仲が良いので休みの日とかよくあそびますよ(笑)

・美容専門学校生へのアドバイスをお願いします。
とりあえず美容師になる前にできることとして、いろいろな友達を増やすことですよね。
美容に真剣に取り組むことはいいんですけど、遊ぶことも大事なので放課後でも街に出ればセンスも磨けるし人脈も増えると思います。

・ズバリ美容の仕事の魅力は何ですか?
人工知能(AI)が進んで、ロボットに職を奪われてしまう職業が話題になりましたよね。でも美容師という仕事はロボットではできないと思うんですよ。美容師は『技術職』と言われる職業ですけど、『接客業』でもありますからね。本当の接客は人と人との関係で生まれますので、まだまだロボットなんかには負けませんよ。

氏名  :深田 裕太
卒業年度:2015年卒業
出身地 :岡山県
サロン名:ABBEY
役職  :アシスタント
キャリア:2年

※このページは平成30年1月インタービュー時の情報です。

MANOの卒業生「陳 萌」先生が訪日、母校訪問在校生にメッセージをいただきました。

陳さん学校へ
【学生へのメッセージ】
1:基礎技術の反復練習と修得が何より大切で、現在の自分があるのも学生時代の勉強のおかげ。ワインディング、オールウェーブ等しっかりマスターすること。

2:美意識、ファッション、文化、教養も大切。ヒントは日常に溢れている。ファッション誌、映画、海外旅行、人とのコミュニケーションなどから学ぶこと。

3:世界に目を向けよう。異文化を理解し尊重する姿勢から交流が生まれる。

【略歴】
1982.7.26生 35歳
2004 中国北京からの留学生で美容科入学、2006年卒業。日本お美容師免許取得。
卒業後、短期間日本の美容室で技術を磨き中国へ帰国。
28歳の若さで北京にサロン第一号店をオープン。
技術者、経営者としての手腕を発揮して現在、北京、天津、上海8店舗のオーナーを務める。美容用品の開発にも取り組みディーラー業も展開している。

卒業生インタビュー:blast  大谷 江梨加

blast_02

・美容師を目指すキッカケは何だったのですか?

高校が大学進学校だったのですが、将来的にスーツを着てデスクワークはしたくないと思っていました。絵を描いたり、ものづくりに興味が昔からあったので、そこから美容師がいいのかなとパッと思いつきました。

・真野美容専門学校時代を選んだ理由を教えてください。

美容師になりたいと思った時に東京で就職したかったので、東京の美容専門学校を調べたところ、真野美容専門学校は国家試験合格率と就職率が他校さんと比べて高かったので真野美容専門学校を選びました。それと大人数の学校だと埋もれてしまうような気がしたので、ひとりひとりちゃんと面倒を見てくれるところもポイントが高かったですね。

・真野美容専門学校時代の思い出やエピソードをお聞かせください。

今思い返しても、毎日楽しく充実していたなと思いますね。
あとフリースタイルカットコンテストと卒業コンテストが印象的ですね。
blast_03

blast_04

・美容専門学校生へのアドバイスをお願いします。

ひとつひとつ楽しむ事ですね。仕事においても学業に関しても大変なこともありますが、毎回楽しめることが大事だと思います。

blast_01

氏名  :大谷 江梨加

卒業年度:2008年卒業

出身地 :福島県

サロン名:blast 代官山店

役職  :チーフマネージャー

キャリア:10年

※このページは平成29年5月インタービュー時の情報です。

卒業生インタビュー:LIPPS 表参道店

・美容師を目指すキッカケは何だったのですか?
昔から物づくりの仕事に興味があったんですよね。そして自分が施したものが、お客様に喜んで返ってくる仕事がしたいと思っていました。あわせて学生時代からヘアスタイルをいじるのが好きだったので、その3つを踏まえると必然と美容師という仕事になりましたね。あと美容室の匂いが好きでした(笑)

・真野美容専門学校時代を選んだ理由を教えてください。
間違いなく少人数制で教えてくれるところですよね!振り返ってみても自分の選択を間違っていなかったと思います。

CIMG7426

・真野美容専門学校時代の思い出やエピソードをお聞かせください。
先生と学生の距離が近くて入学満足度はNO.1なんじゃないですかね~周りのみんなも同じこと言ってますよ!卒業してから思ったことがありまして、ふとした瞬間に『あっMANOに行こうかなぁ~』って顔出したくなるんですよね。これは自分だけでなく先輩も後輩の卒業生も感じていると思います。

・美容専門学校生へのアドバイスをお願いします。
お店に美容師になりたい男子高校生がたくさん来られるのですが、本当みんなオシャレなんですよね~。美容やファッションに関する知識も豊富で負けてられないくらいです。
でもやはり好きだけでは務まらない業界なのでそれなりの覚悟を持って業界に飛び込んでください!待ってますよ!!

氏名  :飯島 颯
卒業年度:2016年卒業
出身地 :千葉県
サロン名:LIPPS 表参道店
役職  :アシスタント
キャリア:1年

※このページは平成29年5月インタービュー時の情報です。