卒業生(留学生) | 陳 萌 さん TWOFACE

真野美容専門学校の卒業生「 陳 萌 」さんの紹介 日本に留学して母国で活躍中 北京天津で意欲的にサロンを展開。経営手腕を発揮し、中国のビューティービジネスをリードしています。 真野美容専門学校の卒業生 twoface 陳 萌 陳萌 / BRUCE CHEN TWOFACE CREATIVE DIRECTOR [TWOFACE] 陳萌 BRUCE CHEN 真野美容専門学校出身 卒業後渡英 TONI&GUYLONDON Advance コース卒業 / 2006年TONI&GUY china 入社 TONI&GUY アーティスティックチームの一员 TONI&GUY の本部london で2011ニューコレクションブックに入賞 2007JAMESと[ twoface hairdressing]设立 ファッション紙、美容業界紙、をはじめ[ruy] [vivi] [elle] [BAZZAR] 数々の誌面表纸のヘアーを担当する。 芸能人とスーパモデルの客が多くて、また[FASHION CHINA] テレビに出演、[CHINA FASHION week ][ミスユニバー中国]等のショーをディレクションし自らもそのヘアーコレクションを制作。 彼のアーティスティックな才能に誰もが目を奪われる。 陈 萌 Bruce Chen TWOFACE 双面理发馆- FOUNDER & ART DIRECTOR 在东京文化服装学园留学专攻时尚造型师,后涉足形象设计行业,真野美容专门学院毕业后,短时间就在日本时尚造型界崭露头角,以卓越的成绩在日本取得日本国厚生劳动大臣授予的美发师资格证书。 2005 年 赴巴黎L”oreal 与伦敦VIDAL SASSOON 深造, 成为特约造型师,服务于法国和英国各大时装周与奢侈品品牌。2006 年正式签约世界知名发型品牌TONI&GUY。 2009 年 成为TONI&GUY 首席造型师. 并多次参加国际顶级发型比赛, 并取得了卓越成就. 作品被多家时尚圣经收录刊登在国际时尚媒体上。联合其他国际知名发型师 (英国、日本) 一同创办了TWOFACE。专注于发展亚洲发型事业。2010 年 TWOFACE 于中国北京开设其首家旗舰店。近年经常为各类明星设计出镜造型,有丰富的发型剪裁与造型经验, 目前正在积极拓展中国区市场。 品牌竞争优势 TWOFACE 立志打造专业美发品牌 区别于市场较于单一的发廊或沙龙 全方位的美发创意与护理 由内而外、由实践到教学的延展 都将是品牌和核心优势 随着市场化的 合理发展 势必会带来一定的拥护者 面对比较低端与零散的其他品牌 TWOFACE的优势绝对在竞争中处于 不败之地 TWOFACE is committed to creating a professional hairdressing institutions from the market compared with the single hair salon or salon Hairdressing creative and comprehensive care from the inside out, from practice to teaching extension will be the brand and the core advantage with the rational development of the market Certainly will bring some supporters face relatively low and scattered other brand TWOFACE of absolutesuperiority in the competition in an invincible position. ]]>

卒業生 | 大沼 孝三 さん

真野美容専門学校の卒業生「 大沼 考三 」さんにinterview 『美容師の道を選んだことを誇りに思います』 kozo_ceo_1

■ 株式会社美容室コーゾー ■ 大沼 孝三 ■ WJ(ウェーブジャパン)理事長 ■ PHI(太平洋美容科倶楽部)国際名誉理事
Q. 美容の仕事に興味を持ったきっかけを教えて下さい。
A. 私は昔から彫刻をしたり絵を描いたりする事が大好きでした。しかし自分に合った仕事を学生時代から見つけることはとても難しいことだと思います。今は美容師の仕事を選んで本当に良かったと思います新しい時代は「手に職をつける」時代とも言えるでしょう。もし絵を描いたり物を作ったりするのが好きな方は迷わず美容師の道を選んでくださいみてください。

Q. 真野美容専門学校で一番心に残っていることはなんですか?
A. 一番印象に残っているのは私のような男が花嫁の化粧をしたことですね。技術不足で悔しい思いをしたことが今でも忘れられません。私は早朝から築地でアルバイトをして真野の夜学に通っていました。クラスメイトに昼間は美容室で働いている方がいて、ワインディングがすごく早く負けていられないと思いました。

Q. 美容の仕事を目指す高校生にメッセージをお願いします。
A. 私は世界15カ国ほどのビッグステージ(世界的ステージ)を経験して参りました、だからと言って特別な男ではありません。きちんとした基礎を勉強して少しだけ絵が好きで少しだけクリエイティブな仕事に興味があれば誰にでも可能です。美容師の仕事ほどチャンスの多い仕事はありません。真野美容専門学校はアットホームな中にもほどよい厳しさがあります。

]]>

2015年美容科1年生 入学してからいままでについてのレポート -前半-

『2015年、自分にとって大きな出来事、実際に起こったこと・興味があったことなどを振り返りましょう!!』 ということで学生に2015年から今までの出来事をきいてみました!(9名ピックアップ) ※2015年美容科 1年生 を対象に1月初旬に実施したものです 1_aihara

【1 / 相原 沙紀】 東京都出身 立川女子高校卒業

『専門学校に入学したこと』

-3年ぶりぐらいに共学でまともに同年代の男の子と話していなかったから不安でした-

『バイト先を変えたこと』

-初めてアパレルでバイトをして外国の方が来たりと日々いろいろ経験しています。-

『ネイル検定3級合格』

-自信なかったけど1発で合格できて嬉しかった!-

『FW・ピンカール、単位習得試験合格』

-WDは落ちたけどFW・ピンカールは2つとも1発で受かって安心して泣いた(笑)-

『人生初!ブリーチした』

-全頭やっていたかった。カラーでもわりとしみやすいから。-

『人生初!マツエクした』

-まつエクの楽しさに気づいて夏休み中は半月に1回リペアしてた。-

『疲れやすくなった』

-金曜とかになると本当クタクタ。。土日もほぼバイトで休んでないからかな。。-

『自分でネイルするようになった』

-前までは面倒でやらなかったけど少しずつ興味がわき、やるようになりました。-

『いろんなライブに行った』

-東京だけでなく長野や名古屋にもライブに行った!-

『服の好みが変わった』

-高校生の頃はだいぶ奇抜で今はだいぶおちつきました。-

【2 / 飯田 昌輝】 神奈川県出身 国士舘高校通信制卒業

『無事に冬休みに』

-二学期の最後にFWとPCのダブル試験だったのですが無事に2つとも合格が出来て冬休みに入れました。嬉しかったです-

『学科の追試が一つ』

-二学期の学科の試験で追試が一つだけでした。勉強していて良かったなと思いました。-

『バルセロナ優勝』

-サッカーのクラブW杯が12月に日本で行われてヨーロッパ代表のバルセロナが優勝しました。すごく強かったです。-

『木村君/笹岡君/増田君』

-冬休み中に新宿で友達と遊びました!楽しかったです。-

『EXILE,USA,MATSU,MAKIDAIの引退』

-2015年をもってEXILEのメンバーUSA,MATSU,MAKIDAIの3人が引退しました。悲しいですがお疲れ様でしたと思いました。-

『三代目JSB,レコード大賞!』

-2年連続で三代目JSBが受賞しました。ファンなので嬉しかったです。-

『サッカー天皇杯、ガンバ大阪が優勝!!』

-サッカーの天皇杯の決勝が浦和レッズvsガンバ大阪で行われ、ガンバ大阪が優勝しました。応援していたのはガンバ大阪なので嬉しいです。-

『愛犬の誕生日』

-家で飼っている犬(ミニチュアダックスフンド)が15才になりました。長生きしてね-
3_五十嵐

【3 / 五十嵐はずき】 埼玉県出身 寄居城北高校卒業

『一人暮らしを経験して』

-全部親とかにやってもらってたことを全部自分でやらなきゃいけなくて親のありがたさがよく分かりました-

『マノに入学』

-マノに入学!!!今までとは違う環境ですっごいドキドキしたのは今でも忘れられません。-

『ワインディングの試験』

-WDの初の単位修得試験!!手のふるえでうまく巻けなかったのが忘れられません。センターは一本足りなかった。。。-

『沖縄に!!』

-高校のときの友達と3人で沖縄に行ったこと!すっごい楽しかった!!友達と旅行は初めてだったので余計に楽しかった!!-

『EXO』

-私の大好きな大好きな”EXO”のワールドツアー日本公演の東京ドーム3daysに行けたこと!近すぎて号泣!!かっこ良すぎて声が出なかった。-

『1年間健康に!?』

-1年間健康に終われる!!と思ったら、まさかの気管支ぜんそくとちくのう症になって、咳は止まらないし、ちくのう症で顔は痛いし大変でした。-

『ピンカールのチェック』

-PCのチェックで10位以内に入れたこと!!嬉しかった!!!!本番では順位は下でした。。。-

『アルバイト!』

-バイトを始めました!お客さんとたくさん話さなきゃいけなくて人見知りがなおりそう!!-

『接客の喜び』

-初めて来たお客さんに接客していたら「このお店はすごくいいね」と言ってくれてリピーターさんになってくれて本当に嬉しかった★-

『外人さんと』

-バイト先で外人さんと関わる機会が増えて外人さんと話すことが楽しいです!-
4_石井

【4 / 石井 麗夏】 茨城県出身 小山南高校卒業

『上野でワカバに会えた!』

-夏に上野の博物館に行って、帰ろうかと上野駅の前をブラブラしてたら好きな歌が聞こえて、見てみたら私の好きなユニットのワカバが路上ライブをしていました。思わぬ偶然で興奮してキャーキャー言いながら歌を聴きました。しかも1番前で!!握手もしてもらいました。-

『車の免許をとった!』

-一夜漬けで本件の勉強をして臨んだから正直落ちたと思ったけど奇跡的に1回で受かって家族にLINEで受かった!と送ったら弟から『さすが(笑)』と返された。ただ免許取っただけどペーパーで運転していないです。-

『振り袖!!』

-色々悩んで本当にぎりぎりで決まりました。一安心。成人式が楽しみです。-

『真野美容専門学校に入学』

-不安を抱えながら迎えた入学式。2年間という短い期間で得なくてはならないことがたくさんあって、自分に出来るかとか色々考えます。正直自分には向いていないと思って本気でやめようと思ったことが何度もあるけど自分で決めたことだから最後までやろうと思います。-

『高校を無事に卒業』

-卒業式は泣かなかったけど卒業式が終わって解散したあとみんな「バイバイ」じゃなくて「またね」と言ってくれたのが印象的でした。-

『痩せたと実感』

-中学卒業以来会っていなかった友達に結構会って必ず言われたのが「痩せたね」でした(笑)。よく考えると中学を卒業してから10kgくらい体重が減っていたので他人に言われて「あ、私痩せていたのか!」と実感がわきました(笑)。うれしかったです。-

『テストの結果が良かった!!』

-今まで得点も普通で順位も中位でした。今まで勉強しても大して成果が得られなかったのに2学期の期末で結果を聞いたら10位内に!!1教科だけど100点も取ることが出来ました。すごーく嬉しかったです!!-

『風邪が。。。』

-ちょくちょく熱が出たりしますが、いつもはそれだけで風邪をひいたという感じはありません。ですが自分でも珍しいと思うくらい、喉が腫れて鼻声になり、鼻水が止まらなくて熱も結構上がりました。-

10位 『弟』

-弟にお金を貸していたのに全然返ってこなくて「ふみ倒す気や!!」と思って怒りました。しばらくしたらちゃんと返してきたので安心。-
5_沓名

【5 / 沓名 泰隆】 東京都出身 新城東高校卒業

『ラクビー日本代表が南アフリカに勝利!!』

-ラクビー日本代表が24年ぶりに南アフリカに勝ち、五郎丸さんのルーティンポーズが流行りになり、2015年を華やかにした出来事だと思います!-

『真野美容専門学校に入学』

-自分の中で美容学校へ入学したのは念願叶ったのもあるし、夢への第一歩でもありました。就活も始まるので、2016年はもっと気合を入れて頑張りたいです。-

『バイト先』

-東京に来て一番最初に始めたバイト先がビルの管理人との問題で潰れてしまいました。思い入れがとても強かったので残念だったし、でも自分を成長させてくれたので、バイト経験できて良かったです!-

『福山雅治が結婚!?』

-独身男性の味方、福山雅治さんが結婚して、やっぱりイケメンは結婚するんだなと思ったら、お笑い芸人のザキヤマと千原ジュニアも結婚しだし、一瞬の出会いを大切にしたいと深く思いました。-

『夏に京都に旅行に入った際気温が40.0℃を超える』

-京都旅行で清水寺に行った際、40.0℃を超えていて、暑すぎて熱中症気味になりました。次は秋か冬に行きたいです。-

『行きたい美容室が』

-美容室に行った時に担当してくれたスタイリストさんに憧れ、ここに行きたい!と思いました。そこに行ける服装、センス、性格を磨いていけたらなと思います。-

『追試ゼロ!』

-フィンガーウェーブ、ピンカール、学科で全て追試がゼロでした!1学期からの成長を身をもって感じる事ができ、このまま3学期に繋げていきます!!!-
]]>

卒業生 | 小林直樹 さん 原宿ROVER

真野美容専門学校の卒業生「 小林直樹 」さんにinterview

『自分の仕事を必要としてくれている人がいる』

美容業界に出るとゴールがない長距離レース。
原宿 rover 小林直樹
NAOKI KOBAYASHI 小林 直樹 Hair Design ROVER
真野美容専門学校の卒業生で、現在はオシャレな若者に絶大なる人気を誇るROVERのオーナー『小林直樹』さんにインタビュー! 小林直樹さんは卒業後、東京の店舗で美容師の修業をした後、某有名サロンの美容師としてオープニングスタッフに。 約20年のキャリアを持ち、2013年9月には独立して原宿に美容室【ROVER】を出店。 サロンワークだけでなく、各メディアにも取り上げられ、たくさんの撮影等でも活躍。
原宿 rover 小林直樹

■美容師を目指すキッカケは?

高校時代は勉強もせずにいつも遊んでばかりいました(笑)当時クラブミュージックが流行っていたこともあり、私もDJをやっていたんですよね。 その流れもあって私もDJで食べていこうと考えていましたが地元の先輩が『これからは音楽で食べていくのは大変だから手に職をつけたほうがいいぞ』と言われたんです。 美容師で手に職をつけても趣味でDJはできるということと音楽で知り合った地元の先輩が真野美容専門学校の卒業生ということもありいくつかある美容専門学校のうちの中から真野美容専門学校に決めました。

■学生時代のエピソード

当時はまだ美容専門学校が1年制でカリキュラムも凝縮されて忙しかったのに どんなつまらない相談でも真剣に答えてくれる熱い先生と出会えたことにとても感謝しています。

■美容専門学校生へアドバイス

私のお店にも美容師になりたい男子高校生がたくさん来られるのですが昔と比べてやる気のある若者が増えてきていると思います。 美容専門学校時代を短距離レースと例えると美容師免許を取って就職してゴールだと思うのですが美容業界に出るとゴールがない長距離レースなんですよね。 自分のペースをしっかり守らないと息切れして途中でリタイアしちゃうんです。ですので、美容業界に出た時のギャップが大きいのは覚悟してください。

■美容の仕事の魅力

接客業なので、仕事の内容がダイレクトに良くも悪くも返ってくるところですね!
原宿 rover 小林直樹
原宿 rover 小林直樹
Hair Design ROVER 住所 – 東京都渋谷区神宮前3-20-21ベルウッド原宿B1F TEL – 03-6447-2248 URL – http://www.rover-hair.jp/
]]>

卒業生 | 林宏昭 さん PEEK-A-BOO

真野美容専門学校の卒業生「 林宏昭 」さんにinterview

『美容師は最高のお仕事』
「お客様を美しくして喜んでもらえる」美容師は最高のお仕事です。

peek-a-boo 林宏昭

HIROAKI HAYASHI
林宏 昭
peek a boo

A. 林さんは現在もサロンワークの傍ら技術講師として国内に留まらず 海外でも活躍する多忙なベテラン美容師さんですが、今回は真野美容専門学校の為にインタビューに答えてくれました! Q. 美容師を目指すキッカケは? A. 昔からオシャレすることが大好きでした。当時はDCブランドブームなどもあって 服飾デザイナー等も興味がありました。ただ、デザイナーはお客様の反応が分かりづらいと思うのですが、 美容師はお客様の反応がすぐに伝わるので、そこがイイと思い美容師になろうと決心しました。

 

Q. 真野美容専門学校を選んだ理由は? A. 当時も人数の多いマンモス校はありましたが、少人数制でキメ細かく 教えてもらいたかったので真野美容専門学校に入学しました。

 

Q. 美容師を目指す生徒へアドバイスを!

A. 私は美容師歴約30年になりますが、今でも新しい発見をしています。 それは10年経っても20年経ってもいろいろなことに気づくんです。 ですから美容はだんだん好きになっていくものですから諦めないで夢を叶えてください。

私が美容師の駆け出しの頃はレザーカットが主流でした。 ロンドンのヴィダルサスーン帰りの川島文夫先生のシザーによるカットを初めて見たときに 衝撃的だったのが今でも鮮明に記憶しています。今、流行りのヘアスタイルは軽く仕上げたりするのが主流ですが、 やはりベースのカットがちゃんとできてから、いろいろな流行りのスタイルを勉強していくのがイイと思うんです。 やはり基本がとても大切ですからね。

Q.美容師の魅力は何ですか? A.「お客様を美しくして喜んでもらえる」美容師は最高のお仕事です。

peek-a-boo 林宏昭

peek a boo
住所 – 渋谷区神宮前6-35-3 コープオリンピア1F
TEL – 03-3486-5740
URL – http://www.peek-a-boo.co.jp/salon/olympia/

]]>

卒業生 | 柿森圭介 さん | ヘアーメイクアーティスト

真野美容専門学校の卒業生「 柿森圭介 」さんにinterview 自分の仕事を必要としてくれている人がいる 技術は妥協さえしなければ上手くなる!
ヘアメイクアーティスト
柿森 圭介

Q. 美容師の仕事の魅力は?
A. 技術面でも追及したら追及しただけ次があるし、逆に止まったらそこで全てが終わるので責任感とやりがいはとても感じています。 店名のコンセプトと同じで止まることなく進み続けることですね。

Q. 美容師を目指すキッカケは?
A. デスクワークの仕事だけはやりたくないと思っていました。 そうするといくつかの仕事を消去法で消していくうちに、美容師か調理師に絞られたんですよ(笑) 当時、まだカリスマ美容師ブームの影響が強かったので深夜番組とかでも 美容師関連のTV番組なんかもやっていて、それを見よう見まねで 友達の髪の毛を切ったりしているうちに、『これを仕事にしたい!』と思ったんです。
Q. 真野美容専門学校を選んだ理由は?
A. 他にもいくつか美容専門学校を見学したんですけど 真野美容専門学校の授業が一番楽しそうな雰囲気でしたね。 先生も仲良くてアットホーム感がズバ抜けてましたね。

Q. 美容専門学校生へのアドバイスをお願いします。
A. 技術は妥協さえしなければ上手くなる! 家で寝てないで街に出て遊んだり、センスの良いものを見たり、 いろいろな人と話して知り合ったりすると、後々ですが自分の仕事に返ってきますよ!

Q. 美容師の魅力は?
A. 『自分の仕事を必要としてくれている人がいる』ということです。
]]>

卒業生 | 畠山竜哉 さん | ~ing

真野美容専門学校の卒業生「 畠山竜哉 」さんにinterview +~ing(カライング)& +~ing deux (高円寺の美容室/美容院)の店長を務める畠山さん。 止まることなく進み続けること 追及したら追及しただけ次があるし、逆に止まったらそこで全てが終わる 美容室にいた 畠山竜哉 さんの写真

TATSUYA HATAKEYAMA
畠山 竜哉
~ing
Q. 美容師を目指すキッカケは?
A. 2回キッカケがあるのですが、1回目のキッカケは私が高校生の頃の話です。7歳下に弟がいまして、弟が『理容室に行きたくない』というので私がカットしていました。 私は昔から目が良いので、カットしている人の姿を見て自己流ですが、見よう見まねで研究していたのが1回目のキッカケです。 2回目のキッカケは私の妹がタレント活動していた頃、妹のヘアをカットした際に、いろいろなメディアに取り上げられて話題になったので、美容師という選択肢もアリだなと感じたのが2回目のキッカケですね。

Q. 真野美容専門学校時代の思い出やエピソードを
A. まず真野美容専門学校に入学する前に、高校を卒業して2年間ガテン系の仕事をして学費を貯めた印象が強いですね。その経験があって学生時代も就職してからも周りの同級生や同期よりもメンタルは強かったしハングリーさも負けていなかったと思います。それと私は不器用なので練習時間も誰にも負けていなかったと思います。 後は修学旅行の際に出し物で『一人漫談』をして優勝したことかな(笑) ですので、美容業界に出た時のギャップが大きいのは覚悟してください。

畠山さん ~ing 畠山 竜哉
Q. 美容師の仕事の魅力は?
A. 技術面でも追及したら追及しただけ次があるし、逆に止まったらそこで全てが終わるので責任感とやりがいはとても感じています。 店名のコンセプトと同じで止まることなく進み続けることですね。

Q. 美容師を目指す生徒へアドバイスを!
A. 本気になって生涯美容師という仕事をやり続ける覚悟をしてください。その覚悟ができないのであれば美容師はオススメしたくない職業ですね。
高円寺の美容室の店長畠山さんの作品 高円寺の美容室 ~ing 畠山 竜哉さん
~ing
住所 – 東京都杉並区高円寺南4-23-7 大国屋201
TEL – 03-3316-2600
URL – http://kouenji-ing.com/
]]>

卒業生| 船橋謙一郎 さん | hair Re/sort(リゾート)

真野美容専門学校の卒業生「 船橋謙一郎 」さんにinterview 『絶対東京に出てこい』と 初めて行った美容室で、自分もそうなりたいと思い美容師の道へ URL – http://hair-re-sort.com/
画像1: 船橋謙一郎

KENICHIROU FUNAHASHI
船橋 謙一郎
hair Re/sort(リゾート) 真野美容専門学校を卒業生してから、港区白金【六本木美容室】に勤務し 2014年に目黒区碑文谷にサロンをオープンした『船橋謙一郎』さんにインタビューしました!
画像2: 船橋謙一郎
Q. 美容師を目指すキッカケは?
A. 私が高校生の頃はビーバップハイスクール(漫画)が流行ってまして、周りの連中が『アイロンパーマ』や 『パンチパーマ』ばかりだったんですよ(笑) それがイヤで1回理容室じゃなくて美容室に髪を切りに行ったときに 担当してくれた美容師さんがカッコよくて、その当時はまだ見ない『ツーブロック』や 『アシンメトリー』にしてもらって、すごく気に入ったんですよね。 それで自分もそうなりたいと思って美容師を目指しました。

Q. 真野美容専門学校を選んだ理由は?
A. 高校3年生の進路を決める際なのですが、福岡県内の美容専門学校にしようか、東京都内の美容専門学校にしようか迷っているときに、東京で美容師をしている方に相談したところ、『絶対東京に出てこい』と言われました。 その際、東京都内の美容専門学校のことも聞いたところ、その当時は【アップスタイルの時代】だったので 『アップスタイルが得意で有名な真野美容専門学校がいいんじゃないか?』と紹介されたのがキッカケですね。

画像3: 船橋謙一郎 住所 – 東京都目黒区碑文谷2-21-9
TEL – 03-5734-1012
URL – http://hair-re-sort.com/
]]>

卒業生 | 森福充 さん HEAVENS

真野美容専門学校の卒業生「 森福充 」さんにinterview HAPPY & SURPRISE!! HAPPY & SURPRISE!!ヘアデザインを通して幸せとドキドキを! 真野美容線もん学校の卒業生 HEAVENS 森福充

YOSHIMITSU MORI
森 福充
HEAVENS 「HAPPY & SUPURISE!!ヘアデザインを通して幸せとドキドキを!をモットーにヘアデザインを一緒に楽しめたらと思います。98年4月ヘブンス入社。ディレクターとしてサロンワークを中心に 一般誌、業界誌の撮影、スタッフ教育など積極的に活動中。」
Q. 美容師の仕事の魅力は?
A. 一期一会、日々前進

Q. 美容師として大切にしていることは?
A. “いい仕事”をするための自己管理

Q. 美容師を目指す生徒へアドバイスを!
A. 耳で聞いた情報は物事の側面でしかないので、本質を感じるために自発的に行動しましょう
HEAVENS 森福充
HEAVENS
住所 – 東京都渋谷区神宮前6-8-4 アイズビル2F
TEL – 03-5469-8864
URL – http://www.heavens.co.jp/
]]>

卒業生 | 中島志野 さん feel

真野美容専門学校の卒業生「 中島志野 」さんにinterview 『いかにお客さまに喜んでもらえるか』 担当してくれた美容師さんがとても笑顔が素敵で、自分もそんな美容師さんになりたい♪ http://feel-online.com/ feel 中島志野

SHINO NAKAJIMA
中島 志野
feel feelのコンセプトは『笑顔』『挨拶』『元気』とのことでして、 中島さんもコンセプト通りの素敵な美容師さんでした♪
feel
住所 – 武蔵野市吉祥寺本町2-17-2マリオンワン1F
TEL – 0422-20-7555
URL – http://feel-online.com/
feel 中島志野
Q. 美容師を目指すキッカケは?
A. 小学生の頃、母に連れられて初めて美容室デビューしたときに、 担当してくれた美容師さんがとても笑顔が素敵で、自分もそんな美容師さんになりたいと思ったのがキッカケです♪ そこから一度も進路変更は考えなかったですね。美容一筋です!(笑)

Q. 真野美容専門学校を選んだ理由は?
A. 他にも気になる学校はいくつかあったのですが、私の兄も真野美容専門学校を卒業していて、 母に相談したところ、母が兄の卒業式に出席した際に、先生と学生の距離が近く『とても感動した』とのこともあり真野美容専門学校に決めました。

feel 中島志野
Q. 真野美容専門学校時代の思い出やエピソードは?
A. みんな仲良く毎日を過ごしていました。楽しい思い出しかないですね(笑)

Q. 美容専門学校生へのアドバイスを!
A. 常日頃から人間観察をして、この人はこういうヘアスタイルやメイクにしたほうが、もっと 可愛くなるだろうな~とか想像力を働かせるとイイと思います♪ それと、いろいろなお店に行った際に接客の勉強をしていますね。

Q.美容師の魅力は何ですか?
A. 美容師の仕事は『いかにお客様に喜んでもらえるか』に尽きると思います!!

]]>